ビタブリッドcヘアーの効果的な使い方

 

発毛促進剤として今話題の『ビタブリッドCヘアー』。

 

各界の著名人も愛用し、モンドセレクション最高金賞を受賞したほどの今一番アツい一品です。

 

薄毛はとてもデリケートな問題で人によっては若くから、多くの人は老化が進むにつれてぶつかる壁ですよね。このビタブリッドCヘアーは既に高い評価を受けていますが、使い方ひとつで正しく作用しない場合も十分ありえます。

 

そこで今回はより効果的な使い方と正しい使い方を徹底深堀していきたいと思います。

 

ビタブリッドCヘアーの使い方!3つのポイント

ビタブリッドCヘアーの使い方は大きく分けて3つです。

 

一見、あたりまえのように見えますが意外とできていない人が多いので発毛促進剤に慣れている方も再確認という意味でご覧になっていただければと思います。

 

使用頻度は1日2回、12〜15プッシュ!!

 

ビタブリッドCヘアーの持続時間は12時間です。

 

効果を継続的に得るためには1日2回塗布する必要があります。

 

具体的なタイミングはお風呂上りに1回、そこから12時間後に1回使用すると無駄なく効果を発揮できます。

 

使用量は、後で記載する動画には10〜15回プッシュと記載されていますが、公式サイトで推奨されている12〜15回プッシュで使用すると良いでしょう。

 

実際に使用したとき液体が少なくて物足りなさを感じるかもしれませんが、ビタブリッドCヘアーは高濃度なので少ない量でも十分効果が得られます。

 

使用するときはノズルを頭皮にあてながらプッシュ!!

 

頭皮に無駄なくビタミンを浸透、供給させるにはノズルの口を頭皮に直接あてながら噴射してください。こうすることで毛先などへの飛散を抑えられ、少量で多くの頭皮に塗布することができます。

 

この時に気を付けなければならないのはワックスやスプレーなどの整髪料を使用しないという事です。

 

整髪料がついている髪の毛はゴミや埃などの汚れが吸着しやすい状態となっています。整髪料を使ったまま塗布、逆に塗布したあとに整髪料を使用しても頭皮に汚れがついてしまう可能性が高く、そこから雑菌の繁殖に繋がり頭皮を傷つけてしまう可能性が出てきます。

 

ビタブリッドCヘアーを使用するときは整髪料の使用は控えましょう。

 

効果をアップさせるためには頭皮マッサージも大切!!

 

ひと通り塗り終えたら頭皮マッサージをしましょう。

 

指を垂直にあてて毛穴の目に沿って上へ上へと押し上げると効果的です。逆に横へ押してしまうと産毛が抜けてしまったりするので注意してください。

 

頭皮マッサージには血流促進による発毛の活性化のほかにリラックス効果、デトックス効果、疲労回復などの効果があります。さらに小顔効果、リフトアップ、アンチエイジングなど女性にとって嬉しい美容効果もあります。

 

塗布が終わった時は積極的にマッサージしてあげましょう。

 

ビタブリッドCヘアーの正しい作り方

ビタブリッドcヘアー 作り方

 

 ビタブリッドCヘアーの作り方を説明していきます。まずは実際に作っている様子を動画で確認してみましょう。

 

 

中に入っている物はパウダー、トニック、ノズルの3点です。まず、トニックのフタを開け、その容器の中にパウダーを投入してください。そして、フタを閉めパウダーが全体に行き渡るように振ってください。振り終えたらフタを外し、ノズルをはめて完成です。

 

このときに注意したい点は振る頻度と振り方です。パウダーが馴染みきらなかったらダマになり十分な効果を発揮できないどころか噴射口に詰まる可能性も出てくるのでしっかり振るようにしてください。

 

また、縦に振るだけではなく、上部をつかんで振り子のように振ったり、円を描くように振ったりと緩急をつけるのがポイントです。十分に馴染んだことを目で確認してからノズルに付け替えると良いでしょう。

 

 

ビタブリッドcヘアーについてもっと詳しく知りたい人はこちら